Menu

美和ロック PR

Home

美和ロック PR

■ 主な特徴

■2WAYロータリータンブラー方式のハイセキユリテイシリンダー
タンフラーは、キーとの接触面が異なるメインタンブラーとサイドタンブラーの2WAY構造です。理論鍵違いは1,000億通りとなります。
■膨大な理論鍵違い数
タンブラーは11列11枚でメインタンブラーは4段変化、サイドタンブラーは2段変化となります。そのため理論鍵違い数は1,000億通りという膨大な数になります。
■高い耐久性能
U9シリンダーと同様に、耐磨耗性・耐埃性等の高い耐久性能を誇ります。
■優れた防犯性
シリンダーの耐かぎ穴壊し性能の高低によりG1~G3の3グレードあります。錠の取付場所を考慮して最適な性能のも のをお選びいただけます。
■耐かぎ穴壊し性能に3グレード
シリンダーの耐かぎ穴壊し性能の高低によりG1~G3の3グレードあります。錠の取付場所を考慮して最適な性能のものをお選びいただけます。
■不正なキー複製をシステム的に防止
オーナー以外のキー複製をシステム的に防止できる<セキュリティー認証IDシステム>もオプションでご用意しています。
主な特徴
■可能キーシステム
●マスターキーシステム、●グラントマスターキーシステム、●マルチマスターキーシステム、●逆マスターキーシステム、●同一キーシステム、●コンストラクションキーシステム、●ダブルコンストラクションキーシステム(詳細は下図参照)

■ 原理

 

PRシリンダーの原理

1.キーを抜き取った状態では図-1に示すように、ロッキングバーがスプリングによって外筒の溝に押しつけられています。また、タンブラーは、タンブラーバネによって押されています。この状態で内筒を回転させようとしても、(タンブラーの切欠がロッキングバー上方にないため)タンブラーに阻まれて、ロッキングバーは上方へ上がることができず、内筒を回転させることができません。

2.合カギを差し込むと、タンブラーはキーの刻みによって押され、切欠がロッキングバーの上方にくるまで回転・整列します。この状態で内筒を回転させようとすると、溝とロッキングバーとのテーパーによって、スプリングに抗してロッキングバーが上方に押し上げられ、内筒を回転させること力できます。

カギハウス-鍵と錠・防犯のことなら- TEL:0120-67-8823